Interview

先輩社員インタビュー

Interview #3

加藤 愛

25才 入社3年目

所属:第3工場

手に職をつけたくて、営業から技術職に。

入社前はどんなことをしていましたか?

入社するまでは保険の営業をやっていました。手に職をつけたいという思いや、体を動かすことが好きだったので、土日休みの技術職の求人をたくさん見て、ここで働きたい!と思って応募しました。
最初は基本のサンディング・エアーブローという工程からスタートして、パテ・コーキングなど…順番に覚えていきました。
資格の勉強もしていて、去年はリフトの免許を取得、今年は3級技能検定を取得しようと頑張っています。

育休を経て、現場復帰。

女性としての目線で、働きやすさはどうですか?

私は入社してから結婚・妊娠・出産を経て今現場復帰していますが、妊娠中は社長の心遣いで体への負担を考えて事務仕事にしてもらったり、育休制度も利用しました。
現場復帰してからは、子供の急な発熱などで早退しなければならない時がありますが、「お前も体調気をつけろよ~」と優しく声をかけてくださって…本当に働きやすい職場だと思いますね。
これからも仕事をつづけたいですし、現場で働きたいです。

時間単位で異なる工程を担当。

今はどんな仕事を担当していますか?

今所属している第3工場は回転率が高く、様々な製品を取り扱うので、時間単位で担当する仕事が変わります。塗りの工程がスケジュール通りに終わるよう、前工程を段取り良くこなすことが求められます。
1年目は周りが全然見えないほどいっぱいいっぱいでしたが、3年目になり、落ち着いて流れが見えるようになり、工場長の不在時には自分でスケジュールを立てられるようにもなりました。

やったらやった分だけ評価がついてくる。

会社からの評価や、今後の目標などありますか?

やったらやった分だけ評価はついてきていると思います。評価は自分の日々の行動についてくるものだと思いますし、納得しています。
今後は人間的にも仕事面でも成長して、適格な判断と決断力、広い視野を持って、頼られるような存在になりたいです。

インタビュー一覧

佐久間さん
入社6年目
佐久間 猛
インタビューを読む
池田さん
入社5年目
池田 秀介
インタビューを読む
秋田さん
入社5年目
秋田 純也
インタビューを読む
採用トップページに戻る

どのような手法で塗装するかは塗料や工程によって変わります。
まずはお客様のご予算・ご要望をお聞きし、納期・材質・サイズ・分量など様々な要因から現場を調査し、
長年の経験と技術・ノウハウから、最適な方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。

052-501-8173営業時間 平日 9:00~17:00
2018 MITAKE TOSOU Co., Ltd. all rights reserved.