News

お知らせ
行 事 | お知らせ・ニュース|三武塗装

行 事一覧

[MITAKEの恒例行事*伊勢神宮参拝]

2020.02.25

伊勢神宮デビューしたいが、どうしたらいいか分からない方へ

「伊勢神宮参拝」のご紹介です。

こんにちは、ミタケ@ペインツ です。

毎年、恒例となっている、お伊勢さんツアー、何度か行くたびに分かってきたちょいネタをご紹介します。

今回は、とてもためになる、まじめなお話しです。

これから、伊勢神宮参拝へ向かう方へ。

—————————————————————————-

①こちらの記事を読むと伊勢神宮デビューのしかたが分かります。

②具体的な参拝方法をご紹介します。

③正しい手水舎の作法 お詣りする前に、手水舎で手と口を清めます。

④ご正宮は、感謝を伝える場です。

⑤神宮の参拝ルートのご紹介

—————————————————————————-

1.伊勢神宮の参拝方法

心のふるさと伊勢神宮は、日本の伝統と歴史に培われ、訪れる方、年間980万人! この広大な、神宮をどのように、お詣りをするべきか迷う方も多いのではないでしょうか?

ここでは、初めてお伊勢詣りデビューをする方が知っておくべき「基本」の参拝方法をご紹介。

①外宮から内宮の順序で回る→それぞれの場所で、ご正宮から参拝します。

まずは、伊勢神宮の概要をご説明いたします。

伊勢神宮は「内宮(ないくう)」と「外宮(げくう)」に分かれていて「お伊勢詣り」というと、内宮と外宮の2つを回ることとされています。

「内宮のご祭神」は天照大御神(あまてらすおおみかみ)日本人の総氏神といわれる天皇の祖先、 太陽の神様というのは誰でも知っていますよね、

「外宮のご祭神」は豊受大御神(とようけのおおみかみ)は天照大御神と姉妹にあたります。 産業や食事に関する神様です。

その他にも様々な神様か祭られています、この内宮・外宮を中心に、別宮、摂社、末社、 所管社と呼ばれる宮社がすべて合わせて125社あり総称して伊勢神宮と呼ばれています。

内宮・外宮に属する宮社のなかで分家として格が高い存在の「別宮」はパワースポットの1つです。

参拝の順序は、外宮から内宮へ回るのが、古来からの習わしとされています。

外宮か内宮、片方だけをお詣りするのは、「片まいり」と呼ばれ、避けるべきことと言われています。

それぞれの場所に着いたら、まずはご祭神の祀られているご正宮にお詣りするのが手順。

その後、別宮を回るのが正式な順序です。

所要時間は、ご正宮にお詣りするだけなら外宮は20分程度、内宮は40分程度

いくつかの別宮をめぐると、外宮は40分程度、内宮は1時間程度が目安です。

ただ、別宮を回ったり、ゆっくりとお詣りをしたりしていると宮社 合わせて125社もあるので、 どれだけ時間があっても足りないくらいです。

すべて回るとなると時間には余裕をもって回るルート確認してからが御勧めです。

外宮から内宮までの移動は、車で15分程度かかります。

②具体的な参拝方法をご紹介します。

参拝の時間は午前5時より可能です。

入口に着いたら、鳥居の前では軽く一礼。

外宮の場合は火除橋、内宮の場合は宇治橋を渡って神域に入ります。

外宮と内宮、参拝方法は基本的に同じですが、少し異なるのが、外宮の参道は左側通行、内宮の参道は右側通行です、 これは、橋を渡った先の手水舎の位置に合わせて決められています。

参道では、基本的に中央は神様の通る道とされているためふちを歩きます。鳥居をひとつ越えるごとに、 神様の領域に近づいていきます。

鳥居の前では立ち止まり、軽く一礼してから進みましょう。

 

③正しい手水舎の作法 お詣りする前に、手水舎で手と口を清めます。

この手水舎の作法を分からないままやっているという方が多いのではないでしょうか?

正しい作法は下記の通りです。

・右手でひしゃくを持って水をすくう

・左手を清める

・左手にひしゃくを持ちかえ右手を清める

・右手にひしゃくを持ちかえ左手に水をすくって口をすすぐ

・左手を清める

・ひしゃくを垂直に持ち、余った水をひしゃくの柄に伝わせて清める 水は最初に一度すくうのみで、その水を少しずつ使い、最後の手順まで進めます。

手水は、お詣りの前に「汚れた手や心、煩悩の禊」を簡略化したものだといわれています。

④ご正宮は、感謝を伝える場。

個人的なお願いごとは、第一の別宮で。

⑤神宮の参拝ルートのご紹介

参拝方法は分かりましたか? 内宮・外宮を中心に、別宮、摂社、末社、所管社 と呼ばれる宮社がすべて合わせて125社 毎回、日本の神話をひもときながら回る  お伊勢さんは新しい発見がたくさんあります。

いざ、おいせさんデビュー!

おしまい


日帰りで研修旅行 in 京都

今回ご紹介するのは、
日帰りで研修旅行 in  京都(世界遺産を見に行く)の巻き

こんにちは! ミタケ@ペインツです。
今回は、観光バス  JR東海バス株式会社様にお世話になり
京都へ研修に行ってまいりました。

**日帰り研修旅行の見どころ**
・世界遺産 東寺 国宝
・三菱 リフト製造工場見学
になります。

                                         アクセスコースはこんな感じ!
•愛知(三武塗装)から
→名古屋高速/東名阪道/新名神高速を通って
→京都(世界遺産)東寺へバスで移動

それでは、行きましょう!

今回の研修、お昼
八つ橋庵とししゅうやかたさんでいただいた
おおおきなお肉が入った昼ご飯です。

写真撮影が下手で、おいしさ半減すが、
大きなお肉は、柔らかくておいしかったです。

それでは、いよいよ
東寺 国宝 世界文化遺産を拝ませて頂きますか!

 

ブブゥ~!

撮影禁止!
でした。
そうでしょ、そら そうでしょ。!

 

ということで、サラッとパンフでご紹介します
国宝の数々が

(国宝)五重塔 江戸時代 前期 創建
木造塔として日本一の高さを誇る『五重塔』は、
幾たびの火災や震災で焼失しています。
現在の五重塔は、徳川家光により再建されたもの。
豊臣秀吉から徳川家光まで、
多くの戦国大名がこの東寺と関わっていることが
この時代に受け継がれ目で見る事が出来ることは、
不思議に思えるのは自分だけでしょうか?

幾たびの火災や震災で焼失しています。
現在の五重塔は、徳川家光により再建されたもの。
豊臣秀吉から徳川家光まで、
多くの戦国大名がこの東寺と関わっていることも、
なにか不思議な縁を感じずにはおられません。
その他にも

・(国宝)金堂 桃山時代

・(重要文化財)講堂 室町時代

・(国宝)大師堂 南北朝時代

 

 

それでは、五重塔をパチリ!

これだけの国宝がぎゅっと詰まった東寺、
一度見てみる価値はあると思いますよ。

 

 

 

 


[ちぢみました!]

それは、汗がじんわり体にまとわりつく夏の暑い午後のことです。

季節外れですみません・・・
三武塗装では、年に一度 もっとも恐ろしい一日がやってきます。

こんにちは!
不摂生のため最近タヌキっぽい、めたぼりっくなミタケ@ペインツです。
日増しに寒さも厳しくなってきたこの頃、
今回は、暑い夏のお話しです。

あの ・ ・ ・

そろそろやってくる時間です。

事務所前にバスがキーっと 止まると
だ!だ!だだだだ!
おおぜいの白服に身御包んだ団体が事務所に押しよせてきます。

あっという間に 
事務所が病院に早変わり、わかってもらえるでしょうか?

そうです
三武の健康診断は、バスに乗ってやってくるのです。

身長・体重・聴覚・視力・血圧・心電図・血液検査
といった感じで進みます。
・・・
それは一年前に遡ります。。
付けられてしまったのです、 D D D Tじゃないよ Dだよ!

ちなみに
Aは、異常なし
Bは、差支えなし
Cは、要生活注意
D1は、要観察

肝臓の数値が非常に悪かったのでした。
あれから1年 不摂生をなくし
まじめに健康に気を付けて生活してきました。
果たして結果はどう出るのでしょうか。
その結果は、

D1 でした。

そして・・・

身長が

ちぢんでいたのです。

2センチもです。

この先どんどんちぢんで行くのでしょうかね・・・

このままいくと、
1年で2センチだから10年で20センチ?
ちぢむとして・・・
20年で40センチ??

三武塗装では、
毎年1回 病院からお医者様に来ていただき、
社内で健康診断を行っています。

おしまい


[お誕生日-ケーキ・・・・]

[MITAKEの恒例行事*お誕生日]

今日、ブログを見ていただいた,お誕生日の方

[HAPPY BIRTHDAY TO YOU]おめでとうございます。

こんにちは、ミタケ@ペインツでございす。

三武塗装は恒例行事が盛りだくさん!

いくつになっても、お誕生日はうれしいものですよね。

誰でも、誕生日プレゼン もらえたら、うれしいですよね。

 

でも、どんなものをもらうとれしいだろう?

考えてみたけど、なかなか思い浮かばないんよな。

逆に何をプレゼントしたら喜んでもらえるんだろう?

困りますよね。

 

三武塗装でも社員の誕生日には、代表からプレゼントが送られるんですよ、

そのプレゼントは!こちら↓

数字でできたケーキ~

言うまでもなく年齢をかたどったもの!w ・ ・ ・

ロウソクは自分で立ててね!

とは言われても、ロウソクを立てる所を悩ませるケーキですね!

回を増すごとにどんどんエスカレートしていく誕生日のプレゼント

次は誰に送られるのでしょうか?

おしまい

 


[鰻! ウナギ! うなぎ~!]

[MITAKEの恒例行事*土用の丑の日]

三武塗装は恒例行事が盛りだくさん!

梅雨も過ぎて暑い暑い「夏」真っ盛りですが、いかがでしょうか?夏バテなどしていませんか?

今回ご紹介するのは、「土用の丑の日」です!

秋 冬が旬のこのうなぎ、夏に食べられるようになったきっかけって知ってますか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 答えは ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

こんにちは! ミタケ@ペインツです。

土用の丑の日といえば う・な・ぎ ですね。

暑い夏を乗り切るために三武塗装では、毎年 土用の丑の日に会社から夏バテしないよにと、

鰻丼がふるまわれます、このこの鰻丼が絶品なんです。

それがこれです。

じゃーん アップでどん!

肉厚のこのうなぎ、外側ぱりぱり なかふわふわの絶品です。

こちらの鰻丼は、名古屋市西区にある志乃島西店さんの鰻丼です。

こちらは、肝吸い 食べたことありますか?おいしいですよ。

この鰻と肝吸いで夏の暑さを乗り切れそうです。

この日は、

お昼前から腹ペコ従業員が食堂に来るまで、鰻丼の準備で大忙しになります。

秋 冬が旬のこのうなぎ、

夏に食べられるようになったきっかけって知ってますか?

———————- ここで、うんちくくんのじまん話 ———————-

幕末の万能学者として有名な平賀源内が、ウナギ屋に夏場はウナギが売れないので何とかしたいと相談され、

源内はひらめきました!「本日、土用丑の日 ウナギの日」と書かれた看板を出すことを提案したところ、店は大繁盛して、他の店も真似しだしたことが由来といわれています。

 

仕事と遊び、どちらもおもいきり楽しむ三武塗装、

土用丑の日 ウナギの日、おいしくいただきました。

おしまい。


[三武塗装は恒例行事は盛りだくさん!]

[MITAKEの恒例行事*伊勢神宮参拝]

一年を通してイベントのスケジュールがいっぱいです!

今回ご紹介するのは今年の初めに行ってきました、毎年恒例となっている「伊勢神宮参拝」です!

こんにちは、ミタケ@ペインツ です。

今回は、とてもためになる、まじめなお話を書きたいと思います。

これから、伊勢神宮参拝へ向かう方へのちょいネタです。

むかしむかしまだ、日本人に「ちょんまげ」があった時代からのおはなしじゃ~~!

誰もが一生に一度は、お参りしてみたい「おいせさん」と言われておった神社があったそうだ、

江戸時代のお伊勢まいりといえば、あたりまえだけど、馬、かご、徒歩、とほ。

一歩、一歩、命をかけて何日も何日もかけて、遠方から伊勢にお参りに向かったそうじゃ~~!

歩いてみると、どの位かかるか、最短距離でノンストップの場合、ググってみました、

Googleマップより———————————————-

名古屋~伊勢神宮まで徒歩で行くと21 時間 59 分 (105.8 km)「国道23号」経由さ

大阪~伊勢神宮まで徒歩で行くと30 時間 (140.6 km)「国道163号」経由

東京~伊勢神宮まで徒歩で行くと71 時間 (352.3 km)「国道42号」経由

え!そんなもん? もっと時間がかかると思いましたよ~

ノンストップで歩き続けることは無理だからもっとかかるよね。

それに、ほら、あの、ワラで作った靴、なんだっけ、えーと、あの~ああそうそう「わらじ」

「わらじ」で歩いたことないけど歩きずらそうだから、もっとかかったかも?

あ、脱線、脱線。

そんな伊勢神宮に、今回もスーッ!と名鉄バスさんにお願いして、お参りに行ってきました。

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。

神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、国民の大御祖神として崇敬を集める天照大御神をお祀りする内宮(皇大神宮)と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神をお祀りする外宮(豊受大神宮)を始め、14カ所の別宮、43カ所の摂社、24カ所の末社、42カ所の所管社があります。

これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。

ここで問題、Q伊勢神宮って 右側通行 左側通行 どちらだと思います?

正解は、 

内宮が右側通行

下宮が左側通行

これ、実は決まっていません、ただ、なぜか内宮は右側を下宮は左側を歩いていました。

子供のころ、神様が見ているから悪いことをすると「ばち」があたるよ!と言われたことってない?

今のところ、「ばち」があたったかなと思われることはいくつかありますが・・・

小さな頃は、御利益とか何のこと? あまり関心もなく、年を重ねると信心深くなってきたのか、災い立ち去れ、御利益集まれ~って感じ?

なぜでしょうね? 心のどこかで神様を信じているからでしょうか?

ズルズル歩いていくと・・来ました、ご正殿!

ご正殿前のこの階段から先は全て撮影禁止エリアなので階段の下からの撮影です。

お昼ご飯は、毎年恒例の手ごね茶屋さんで「ボリューム」たっぷりのカツ定食!をいただきました。

 

おかげ横丁で御見上げ買って、あっという間の一日でした。

あ!・・・   買い物に夢中で写真取り忘れちまった・・・

次のお伊勢さんは、おかげ横丁メインで書きたいと思いますので、またみてください。

来年ですけど・・・!

社員のほとんどが20代という三武塗装では、社員のレベルアップや意識向上、団結力を高めるため、いろいろな所へ研修に出かけたりイベントをしたり盛りだくさんです。

仕事と遊び、どちらもおもいきり楽しもう、それが三武塗装です。

おしまい。


どのような手法で塗装するかは塗料や工程によって変わります。
まずはお客様のご予算・ご要望をお聞きし、納期・材質・サイズ・分量など様々な要因から現場を調査し、
長年の経験と技術・ノウハウから、最適な方法をご提案します。
まずはお気軽にご相談ください。

052-501-8173営業時間 平日 9:00~17:00
2018 MITAKE TOSOU Co., Ltd. all rights reserved.